投稿キャンペーン
 
According to the CNN news in Jannary 2014, the instruction guides for hotels were issued in Britain, which advised how to cope with foreign hotel guests, that's to say, how to handle the peculiarities, of colored by each national character.

It is interesting each country has its own nationality, and surely Japan also has a unique nationality.

About that county, you may have heard about some points described as their nationality, good to remember, for which fitted, fit and will fit them perfectly.
http://ameblo.jp/chanu1/entry-10874893520.html  or http://bakankokunews.blog.fc2.com/blog-entry-348.html
 
I don't know the origin of the rumour, so I'm not going to transtate them into English.
 
Instead, I want to introduce another interesting one. It is an instruction guide to cope with Japanese, by the Korean, which was devised in Genroku Period, around the turn of the 18th centrury in Japan. Afterwards, in April, Meiji 7 (1874), Japan got it when taking part in the Japan-Korea negotiation.
 
You can read this instruction guide Koreans had with when dealing with Japanese, in this historical record.
This record, '朝鮮始末(三) Chosen-Shimatsu 3'  is owned by Japan Center for Asian Historical Reccords.
 


At page 93, you can read this.

This is an enlarged page. The green font is a copy of the corresponding page .


四月十二日 晴 五十一度
曽テ韓人 我ヲ待ニ 六條ノ秘訣アリト聞ケリ 偶 住永友輔 左ノ文ヲ得テ出セリ 果シテ 其 聞所ノモノナラン

April 12th Fine Fahrenheit51
We have once heard that the Korean had the 6 tips to cope with us Japanese. Suminaga Tomosuke happened to get this note, which could be the same as we have heard of.

朝鮮人待日本人六條 
The Koreans' 6 Tips to cope with Japanese

一・ 遜辭 屈己接人辞氣温恭  謙遜する modest, humble, use flattery
 
一 ・哀乞 勢窮情迫望人見憐  哀れみを乞う appeal for pity, making believe to be a victim
 
一 ・怨言 失志慷慨激出怒膓 怨みを言う。狂ったように怒る。complain, get furious
 
一 ・恐喝 将加威脅先試嚇動  恐喝する  blackmail
 
一 ・閃弄 乗時幸會翻用機関 閃(ひらめ)き弄(ろう)する play tricks using every opportunity
 
一 ・変幻 情態無常眩惑難測 変幻する protean,  blow smoke, and change own attitude or opinion quickly


Well.., splendid  as expected !  That's the Korean, once, now and forever.

 





# by wakeup4japan | 2014-04-05 02:07

We have heard of the name of the treaty, 'Nikkan Kihon Joyaku, Treaty on Basic Relations Between Japan and the Republic of Korea', and also now  hear often that the problems in regard to property and claims and economic cooperation between 2 countrie has been completely settled, with this treaty.
I don't know the details of the treaty, so I want to read it for some future use. You can find the treaty on the website of Ministry of Foreign Affairs of Japan.  The below is the full text of that, including contents and notes, which I tried to be the same exactly. I think the notes important with regards to the confirmation of the status of the Korean Government,  concerning Article Ⅲ in this treaty.

In Japanese language.

◎日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約
(略称) 韓国との基本関係条約
                     昭和四十年六月二十二日   東京で署名
                     昭和四十年十二月十一日   国会承認
                     昭和四十年十二月十四日   批准の閣議決定
                     昭和四十年十二月十四日   批准書認証
                     昭和四十年十二月十八日   ソウルで批准書交換
                     昭和四十年十二月十八日   交布及び効力発生の告示
                                        (昭和四十年条約第二五号)
                     昭和四十年十二月十八日   効力発生
 
目次                                                 ページ
前文                                         二三七
第一条 外交及び領事関係の開設                        二三八
第ニ条 旧条約及び協定の効力                           二三八
第三条 韓国政府の地位                               二三八
第四条 国連憲章の原則の尊重                           二三八
第五条 貿易、海運、通商等に関する協定の締結                   二三九
第六条 航空協定の締結                              二三九
第七条 批准及び効力発生                            二三九
末文                                                 二三九
 
(参考)
○ 一九四八年十二月十二日に国際連合総会がその第三回会期において採択した決議一九五(Ⅲ) 二四三

                     
前文
日本国及び大韓民国は、
両国民間の関係の歴史的背景と、善隣関係及び主権の相互尊重の原則に基づく両国間の関係の正常化に対する相互の希望とを考慮し、
両国の相互の福祉及び共通の利益の増進のため並びに国際の平和及び安全の維持のために、両国が国際連合憲章の原則に適合して緊密に協力することが重要であることを認め、
千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約の関係規程及び千九百四十八年十二月十二日に国際連合総会で採択された決議第百九十五号(Ⅲ)を想起し、
この基本関係に関する条約を締結することに決定し、よつて、その全権委員として次のとおり任命した。
日本国
 日本国外務大臣 椎名悦三郎
 高杉晋一
大韓民国
 大韓民国外務部長官 李東元
 大韓民国特命全権大使 金東祚
これらの全権委員は、互いにその全権委任状を示し、それが良好妥当であると認められた後、次の諸条を協定した。
外交及び領事関係の開設
第一条
両締約国間に外交及び領事関係が開設される。両締約国は、大使の資格を有する外交使節を遅滞なく交換するものとする。また、両締約国は、両国政府により合意される場所に領事館を設置する。
条約及び協定の効力
第二条
千九百十年八月二十二日以前に大日本帝国と大韓帝国との間で締結されたすべての条約及び協定は、もはや無効であることが確認される。
 
韓国政府の地位
第三条
大韓民国政府は、国際連合総会決議第百九十五号(Ⅲ)に明らかに示されているとおりの朝鮮にある唯一の合法的な政府であることが確認される。
国連憲章の原則の尊重
第四条
⒜ 両締約国は、相互の関係において、国際連合憲章の原則を指針とするものとする。
⒝ 両締約国は、その相互の福祉及び共通の利益を増進するに当たつて、国際連合憲章の原則に適合して協力するものとする。
 
貿易、海運、通称等に関する協定の締結
第五条
両締約国は、その貿易、海運その他の通商の関係を安定した、かつ、友好的な基礎の上に置くために、条約又は協定を締結するための交渉を実行可能な限りすみやかに開始するものとする。
航空協定の締結
第六条
両締約国は、民間航空運送に関する協定を締結するための交渉を実行可能な限りすみやかに開始するものとする。
 
批准および効力発生
第七条
この条約は、批准されなければならない。批准書は、できる限りすみやかにソウルで交換されるものとする。この条約は、批准書の交換の日に効力を生ずる。
末文
以上の証拠として、それぞれの全権委員は、この条約に署名調印した。
千九百六十五年六月二十二日に東京で、ひとしく正文である日本語、韓国語及び英語により本書二通を作成した。解釈に相違がある場合には、英語の本文による。
日本国のために
 椎名悦三郎
 高杉晋一
大韓民国のために
 李東元
 金東祚
 
In English language
 
Japan and the Republic of Korea,
Considering the historical background of relationship between their peoples and their mutual desire for good neighborliness and for the normalization of their relations on the basis of the principle of mutual respect for sovereignty;
Recognizing the importance of their close cooperation in conformity with the principles of the Charter of the United Nations to the promotion of their mutual welfare and common interests and to the maintenance of international peace and security; and
Recalling the relevant provisions of the Treaty of Peace with Japan signed at the city of San Francisco on September 8, 1951 and the Resolution 195 (III) adopted by the United Nations General Assembly on December 12, 1948;
Have resolved to conclude the present Treaty on Basic Relations and have accordingly appointed as their Plenipotentiaries,
Japan:
Etsusaburo Shiina,
Minister for Foreign Affairs of Japan
Shinichi Takasugi
The Republic of Korea:
Tong Won Lee,
Minister of Foreign Affairs of the Republic of Korea
Dong Jo Kim,
Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Korea
Who, having communicated to each other their full powers found to be in good and due form, have agreed upon the following articles:
Article I
Diplomatic and consular relations shall be established between the High Contracting Parties. The High Contracting Parties shall exchange diplomatic envoys with the Ambassadorial rank without delay. The High Contracting Parties will also establish consulates at locations to be agreed upon by the two Governments.
 
Article II
It is confirmed that all treaties or agreements concluded between the Empire of Japan and the Empire of Korea on or before August 22, 1910 are already null and void.

Article III
It is confirmed that the Government of the Republic of Korea is the only lawful Government in Korea as specified in the Resolution 195 (III) of the United Nations General Assembly.
 
Article IV
(a) The High Contracting Parties will be guided by the principles of the Charter of the United Nations in their mutual relations.
(b) The High Contracting Parties will cooperate in conformity with the principles of the Charter of the United Nations in promoting their mutual welfare and common interests.
 
Article V
The High Contracting Parties will enter into negotiations at the earliest practicable date for the conclusion of treaties or agreements to place their trading, maritime and other commercial relations on a stable and friendly basis.
Article VI
The High Contracting Parties will enter into negotiations at the earliest practicable date for the conclusion of an agreement relating to civil air transport.
Article VII
The present Treaty shall be ratified. The instruments of ratification shall be exchanged at Seoul as soon as possible. The present Treaty shall enter into force as from the date on which the instruments of ratification are exchanged.
 
IN WITNESS WHEREOF, the respective Plenipotentiaries have signed the present Treaty and have affixed thereto their seals.
DONE in duplicate at Tokyo, this twenty-second day of June of the year one thousand nine hundred and sixty-five in the Japanese, Korean, and English languages, each text being equally authentic. In case of any divergence of interpretation, the English text shall prevail.
 
FOR JAPAN:
Etsusaburo Shiina
Shinichi Takasugi
 
FOR THE REPUBLIC OF KOREA:
Tong Won Lee
Dong Jo Kim
 
(参考)
(仮訳)
一九四八年十二月十二日に国際連合総会がその第三回会期において採択した決議一九五(Ⅲ)
 
朝鮮の独立問題
 
総会は、
朝鮮の独立問題に関する一九四七年十一月十四日の決議一一二(Ⅱ)を尊重し、
国際連合稜線臨時委員会(以下「臨時医院間」という。)の報告及び臨時委員会との協議に関する総会の中間委員会の報告を考慮し、
臨時委員会の報告に述べられた困難のため一九四七年十一月十四日の決議に定める目的がまだ完全に達成されていないという事実、特に挑戦の統一がまだ成就されていないという事実に留意し、
1 臨時委員会の報告の結論を承認し、
2 臨時委員会が観察し、及び協議することができたところの、全朝鮮の人民の大多数が居住している朝鮮の部分に対して有効な支配及び管轄権を及ぼしている合法的な政府(大韓民国政府)が樹立されたこと、この政府が、朝鮮のその部分の選挙民の自由意思の有効な表明であり、かつ、臨時委員会が観察した選挙に基づくものであること並びにこの政府が朝鮮における唯一のこの種の政府であることを宣言し、
3 占領国に対し、その占領軍を実行可能な限り早期に朝鮮から撤退させるべきことを勧告し、
4 一九四七年十一月十四日の決議に定める目的を完全に達成する手段として、オーストラリア、中国、エル・サルヴァドル、フランス、インド、フィリピン及びシリアからなる朝鮮委員会が、この決議に定める韓国政府の地位に留意しつつ臨時委員会の任務を継続し、かつ、この決議の規定を実施するため、特に
(a) 一九四七年十一月十四日の決議において総会が定めた原則に従い朝鮮の統一及びすべての朝鮮の保安隊の統合を実現するようあつ旋すること。
(b)朝鮮の分割により生じた経済的、社会的その他の友好的関係にたいする障害の除去を容易にするよう努力すること。
(c)人民の自由に表明された意思に基づく代議政体の一層の発展について、観察及び協議を行なうこと。
(d)占領軍の実際の撤退を観察し、かつ、撤退が行なわれたときはその撤退の事実を確認し、また、このため、希望するときは、二占領国の軍事専門家の援助を要請すること。
を実施するため、設置されることを決議し、
5 朝鮮委員会が、
(a) この決議の採択の後三十日以内に朝鮮におもむき、同地において本部を維持すること。
(b) 一九四七年十一月十四日の決議により設置された臨時委員会に代わったものとみなされること。
(c) 朝鮮全土にわたって、旅行し、協議し、かつ、観察する権限を与えられること。
(d) その議事手続を決定すること。
(e) 自体の発展に照らし、かつ、この決議の条項の範囲内で、朝鮮委員会の任務の遂行について中間委員会と協議することができること、及び
(f)  総会の次の通常会期及びこの決議の主題たる事項を審議するためそれよりも先に召集されることがある特別会期に報告を提出し、また、適当と認める中間報告を加盟国に配布するため事務総長に提出すること。
を決定し、
6 事務総長に対し、十分な職員及び便宜(必要とされる技術顧問を含む。)を朝鮮委員会に提供するよう要請し、また、事務総長に対し、朝鮮委員会の各構成国の代表一名及び代表代理一名の費用及び日当を支給する権限を与え、
7 関係加盟国、大韓民国政府及びすべての朝鮮人に対し、朝鮮委員会がその責務を遂行するに当たって同委員会にあらゆる援助及び便宜を提供するよう要請し、
8 加盟国に対し、朝鮮の完全な独立及び統一の実現について国際連合がこれまでに達成し及び将来達成することがある成果を害するようないかなる行為をも慎むよう要請し、
9 加盟国その他の国に対し、それらの国が大韓民国政府と関係を設定するに当たっては、この決議の2に掲げる事実を考慮に入れることを勧告する。
 
(参考) 本条約は、両国間の外交及び領事関係の開設、韓国政府の地位確認その他両国間の国交正常化に当たつての基本的な事項について定めるものである。
 
Resolution 195 (Ⅲ) adopted by the United Nations General Assembly at its Third Session on 12 December 1948.
 
The Problem of the Independence of Korea
 
The General Assembly, Having regard to its resolution 112 (Ⅱ) of 14 November 1947 concerning the problem of the independence of Korea,
Having considered the report of the United Nations Temporary Commission on Korea ( hereinafter referred to as the "Temporary Commission" )and the report of the Interim Committee of the General Assembly regarding its consultation with the Temporary Commission,
Mindful of the fact that, due to difficulties referred to in the report of the Temporary Commission, the objective set forth in the resolution of 14 November 1947 have not been accomplished, and in particular that unification of Korea has not yet been achieved,
 
1. Approves the conclusions of the reports of the Temporary Commision;
2. Declares that there has been established a lawful government ( the Government of the Republic of Korea ) having effective control and jurisdiction over that part of Korea where the Temporary Commission was able to abserve and consult and in which the great majority of the people of all Korea reside; that this Government of the free will of the electorate of the part of Korea and which were observed by the Temporary Commission; and that this is the only such Government in Korea;
3. Recommends that the occupying Powers should withdraw their occupation forces from Korea as early as practicable;
4. Resolves that, as a means to the full accomplishment of the objectives set forth in the resolution of 14 November 1947, a Commission on Korea consisting of Australia, China, El Salvador, France, India, the Philippines and Syria, shall be established to continue the work of the Temporary Commission and carry out the provisions of the present resolution, having in mind the status of the Goverm\nment of Korea as herein defined, and in particular to:
 
(a) Lend its food offices to bring about the unification of Korea and the integration of all Korean security forces in accordance with the principles laid down by the General Assmebly in the resolution ot 14 November 1947;
(b) Seek to facilitate the removal of barriers to economic, social and other friendly intercourse caused by the division of KOrea;
(c) Be available for abservation and consultation in the further development of representative government based on the freely-expressed will of the people;
(d) Observe the actual withdrawal of the occupying forces and verify the fact of withdrawal when such has occurred; and for this puropose, if it so desires, request the assistance of military experts of the two occupying Powers;
 
5. Decides that the Commission:
(a) Shall, within thirty days of the adoption of the present resolution, proceed to Korea, where it shall maintain its seat;
(b) Shall be regarded as having superseded the Temporary Commisiiion established by the resolution of 14 November 1947;
(c) Is authorized to travel, consult and observe throughout Korea;
(d) Shall determine its own procedures;
(e) May consult with the Interim Committee with respect to the discharge of its duties in the light of developments, and within the terms of the present resolution;
(f) Shall render a report to the next regular session of the General Assembly and to any prior special session which might be called to consider the subjectimatter of the present resolution, and shall render such interim reports as it may deem appropriate to the Secretary-General for distribution to Members;
 
6. Requests that the Secretary-General shall provide the Commission with adequate staff and facilities, including technical advisers as required; and authorizes the Secretary- General to pay the expenses and per diem of a representative and an alternate from each of the States memebers of the Commission;
7. Calls upon the Memeber States concerned, the Government of the Republic of Korea, and all Koreans to afford every assistance and facility to the Commission in the fulfilment of its responsibilities;
8. Calls upon Member States to refrain any acts derogatory to the results achieved and to be achieved by the United Nations in bringing about the complete independence and unity of Korea;
9. Recommends that Member States and other nations, in establishing their relations with the Governmetn of the Republic of Korea, take into consideration the facts set out in paragraph 2 of the present resolution.
 
 

# by wakeup4japan | 2014-04-03 15:06
Here in Japan, a consumption tax goes up to 8 percent from today, 2014. The consumption tax rate has ever been 5 percent since 1997 April. The government explains that this is necessary to secure financial resources for our rising social security costs. Prime Minister, Shinzo Abe has stressed many times in the Diet the consumption tax would be used only for social security. 
 
Under the power of the Democratic Party of Japan, namely, under the nightmare of the manifesto fraud party, the consumption tax increase had been decided already. As there was the existence of the Article 18, Supplementary Provisions regarding  Consumption Tax Law, nevertheless when Prime Minister Shinzo Abe made his final decision for it last November, many Japanese admitted his decision unavoidable, which we think would help the financial base of our government.
 
Until the decision, the mass media in Japan, using their favorite experts, tried to promote the tax incrase . But the moment the decision was made, they quickly changed their attitude, starting to fuel fears of economic downturn. However, contrary to their expectation, popular consumer sentiment are not inflamed, without excessive reaction. I think most Japanese do feel something wrong with opinion by mass media, which changes so often, because how many times mass media may appeal ' Only a few big companies enjoy good economy! ', general people know the market has been active since Autumn in 2011 , and get feeling or anticipating the boom comes real to themselves. 
 
Personally it has hit me, as involved with importing, the exchange rate has actually varied, from 78 yen to the dollor, now up(down?) to 102 yen to the dollar.  As the selling prices vary, the customers, the general people are all able to understand the situation of the exchange rate, and also sometimes come to give comments they do feel an upturn in business as real. For me, indeed it comes so unprofitable, but I don't care, because I have only to work harder, and I'm happy if the entire Japanese economy gets better, which in the long run, will surely contribute to a growing number of cutomers, I believe. My view, too optimistic?  But under the power of DPJ, although yen had been strong, I felt increasingly depressed and concerned about what this country would become of. Compared to that bitterness, I feel much better and comfortable now.
 
In Japanese language, 'economy' is '景気' , and '気' means in English, spirit, mood, atomosphere, mind and air. As Japanese people are living with the changing of four seasons, we also keenly sensitive to them, which shape our mentality, in a part. Japanese are keen the 'mood' of economy, too. It is mainly a matter of our mood, which is maybe peculiar to Japan. It is all of us that can produce the mood, as consumers. At the consumption tax increase, the wise may have stocked up on daily supplies or bought in expensive products. In order to support Abenomics, the wiser continue to consume as usual, and the wisest will buy the expensive products from this April.
 
By this increase of tax consumption, how personal consumption will be affected, and how much cooling consumer sentiment  reluctant to buy will be engendered, it is unknown now. I dare say we can just anticipate the shape of the opinion by mass media in Japan from now on. They are waiting to start criticizing and blaming that  Abenomics die before it begins, like that.  To beat the forecast, we can only continue to consume normally.
 
Even in the worst kind of economy, there will be still sometning good. As you know, we will not be able to help or support 'that' country which is to starve to death financially in the near future. However hard the US may act as an intermediary between Japan and that country, the bad economic situation of Japan, our national sentiment, mood and mind would never allow our government to give an economic aid to that country, because we cannot afford to do that, sorry. 





# by wakeup4japan | 2014-04-01 14:10
Here, I only write down a few pages, copying straight from the book, titled 'The truth of 2,000 years between Japan and Korea' edited and written by Nagoshi Furtaranosuke.
In 2014/03/30,  I noted  these supplementary statements below , to which now I wanted to add more.

in 2014/03/30
*(2) 「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画(日本図書館連盟選定図書)638頁  "The truth of 2.000 years betwee Japan and Korea" edited by Nagoshi Futaranosuke, at page 638.
*(3) 「朴 正煕選集② 国家・民族・私 朴正煕著」 1963年の論文「我々はいま何をいかになすべきか」より Thesis titled 'What and how we sould do now?' in the book 'The nation, the people and I' written by Chung-hee PARK

Sorry, from here, only Japanese language.

「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画 1997年 第8部 日韓両国民への八つの提言 一、韓国歴代大統領の本音に学ぼう より 

636頁~ 「朴正煕大統領の韓国史痛罵」

「そもそも歴史は一種のドラマであって、一方的な動機や理由だけで動くものではありません。複雑な時代背景や原因や、相手の出方が絡み合って動くものなのです。日韓両国のマスコミや識者の中に、それに気づかない人が多いのは残念なことです。韓国側は責任を日本に押しつけ、日本側は謝罪に終始するという構図ができあがっています。愚かなる感情の空転と言わねばなりません。
 ところが韓国人の中にも韓国自身の反省や責任を打ち出し、歴史を教訓化している具眼の士はあるのです。ここでは歴代の大統領、その他傾聴すべき何人かを紹介してみたいと思います。
 韓国中興の祖と見られ、今も国民から最も尊敬されているのが朴正煕大統領です。彼は一九六一年に政権を獲得し、大統領に当選しました。その年に書かれた論文が「朴正煕選集 ②国家・民族・私」の中に収められています。この中には、大統領としての決意が、武人らしく率直大胆に直叙されています。
 この本の最後に載った「我々は今何をいかになすべきか」という論文の中で、韓国の歴史と国民性を、驚くべきタッチで痛罵しています。

<・・・わが五千年の歴史は、一言でいって退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であったといえる。
 いつの時代に辺境を越え他を支配したことがあり、どこに海外の文物を広く求めて民族社会の改革を試みたことがあり、統一天下の威勢で以て民族国家の威勢を外に誇示したことがあり、特有の産業と文化で独自の自主性を発揚したことがあっただろうか。いつも強大国に押され、盲目的に外来文化に同化したり、原始的な産業のわくからただの一寸も出られなかった。>
と述べながら、古朝鮮時代か日韓併合に至る時代を略述しています。そして
<・・・この国の歴史は平安な日がなく外国勢力の強圧と征服の反復のもとに、かろうじて生活とはいえない生活を延長してきた。
 ところで嘆かわしいことは、このながい受難の歴程のなかでただの一度も形勢を逆転させ、外へ進み出て国家の実力を示したことがないということである。
 そしていつもこのような侵略は半島という地域的な運命とか、われわれの力不足のため起きたのではなく、ほとんどはわれわれが招き入れたようなものとなっている。
 また外圧に対してわれわれが一致して抵抗したことがなかったわけではないが、多くの場合、敵と内通したり浮動したりする連中が見受けられたのであった。
 自らを弱者とみなし、他を強大視する卑怯で事大的な思想、この宿弊、この悪い遺産を拒否し抜本せずには自主や発展は期待することはできないであろう。>
<以上のように、わが民族史を考察 してみると情けないというほかない。もちろんある一時代には世宗大王、李忠武公のような万古の聖君、聖雄もいたけれども、全体的に顧みるとただあ然とするだけで真っ暗になるばかりである。われわれが真に一大民族の中興を期するなら、まずどんなことがあってもこの歴史を全体的に改新しなければならない。このあらゆる悪の倉庫のよううなわが歴史はむしろ燃やしてしかるべきである。>

自らを反省せず、責任を他に転嫁する韓国人の愚劣さがたまらなくなって大統領は本心を語ったのでしょう。私はこの痛罵を読みながら思いました。「我が国の戦後五十年史を批判したら、似たような言い方になるのではないか。我が国には『戦後の総決算』を口にする首相は現れたが、占領政策に便乗した日本民族の姿を、朴大統領ほど痛罵し、『維新憲法』制定まで実現した首相は出なかった」と。しかし一方、朴大統領がかくも厳しく韓国史を否定すれば、私は韓国人のために弁護し反論したくなります。もちろんこの文章は、韓国人を奮起させるための、朴大統領らしい逆説なのでしょうが・・・・。

韓国自身の責任を問う全斗煥大統領

朴大統領の治世は十八年間続き、一九七九年に暗殺されました。その後登場したのが、全斗煥大統領です。全大統領も朴大統領の遺志を継承し、一九八一年(昭和五十六年)の八月十五日(光復節の日)、次のような演説をしています。
「我々は国を失った民族の恥辱をめぐり、日本の帝国主義を責めるべきではなく、当時の情勢、国内的な団結、国力の弱さなど、我々自らの責任を厳しく自責する姿勢が必要である。」
また翌年の昭和五十七年の光復節には、教科書騒動で反日感情が渦巻いていた韓国にあって、
「異民族支配の苦痛と侮辱を再び経験しないための確実な保障は、我々を支配した国よりもより暮らしやすい国、より富強な国を作りあげる道しかありえない」
と述べて、「克日(日本を克服する)」ことを強調しています。現在の韓国人が、責任を他に転嫁して感情的満足を求めようとする気風をたしなめて、一国の元首らしく、独立精神の振起を促してやまなかったのです。

韓国学長の言葉「戦わざるものは自ら滅ぶ」

全斗煥発言の前年、私は学生を連れて韓国を訪問したことがあります。その時会った某大学の学長(本人の要望があり、特に名を秘す)は、特に全大統領発言よりももっと具体的な指摘をしていました。
「私は平素学生に対して、韓国人としての自覚を促している。日本の韓国併合に抗議する前に、韓国人自身が考えなければならないことがある。日本の韓国併合に対してアメリカもイギリスも誰一人反対しなかった。世界は当然のような顔で受け止めていた。それは何故か。日清戦争の時、清国軍がソウルを占領しても韓国人は戦わなかった。だから日本軍がたたかって清国を追い払った。ロシアが入ってきた時も、我々は戦わなかった。日本軍が血を流して戦い、朝鮮からロシアを負い出した。だから日本はこれ以上トラブルは嫌だと韓国を併合してしまった。これにたいして世界の列強は、日本がそうするのも無理はないとして一言も文句を言わなかった。このことを忘れてはならない。韓国は自ら滅んだのだ。責任を日本に押し付ける前に、我々は戦わなかったから滅びたことを知らねばならない。」

韓国学長の言葉は深刻です。これこそ韓国学生に自立心を育てる教育者と言わねばなりません。
私が学長の言葉を紹介するのは、当時の日本がアジア安定のために起ちあがらざるを得なかったことを、強調するためではありません。学長はもっと本質的なことを言っているのです。すなわち、自国の存立のために戦わない国は、諸外国からも見放されて自ら滅んでしまうということです。善かったとか、悪かったとかいう問題ではありません。それが当時の国際政治力学であり、その政治力学は今も生きているのです。日米安保条約を至上のものとして、防衛を米軍にだけ頼ったり、国連軍の救援を幻想したりする国は、いつか墓穴を掘ることを知らねばなりません。韓国学長は、韓国学生に語っているのではなく、訪問した日本の学生にも告げられた教訓として私たちは受け止めたのです。  」





# by wakeup4japan | 2014-03-31 11:07
I think this video clip excellent. As I can't find English version of it, I here translate them into English.  The green colored font is the same Japanese of each screen of this clip.
And I use this opportunity to add supplementary statements at the end of this.



 

パク・クネ大統領が言うように、日本人は正しい歴史認識が必要である。
South Korean President Park Geun-hye said, Japan needs to have a correct perception of history. *(1)
 
 
朝鮮半島は1392年より、約500年、支那の属国だった。
当時の李氏朝鮮は、文明は遅れ、人口のほんの一握りの貴族(両班)が、
庶民(白丁)から搾取していた国だった。
 
Korean Peninsula existed dependent upon successive Chinese Dynasties for a long time, approx. 500 years, since 1392. At that time, Joseon Dynasty Korea was the country, in backward civilization, where the common people (baekjeong) had been exploited by just a handful of nobilities (yang-ban) of the whole population.
 
産業も育たず、国は貧しく、人々に教育もなく、山々は禿げ山、民家や
街中にはトイレさえなく、首都ソウルでさえ堪え難い臭気が町をおおい、
李氏王宮の正面入り口の南大門前でさえ、浮浪者がたむろしていた
極貧国だった。
 
Without promising industries, it was the poor country with bare hills lying, where people were little educated, and where there was no toilet facilities in the city as well as in their narrow houses. The smell was unbearable even in the capital city, Seoul, and  tramps hung around even in the front of Namdaemun , the main entrance of the royal palace of the Dynasty. It was such a country in great poverty.
 
あまりの極貧国であるがゆえ、欧米列強による植民地としての対象に
すらなっていなかった。
 
It was such a desperately poor nation, that the Western powers didn't regard Korean Peninsula as the target of colonialization.
 
当時日本は、明治の開国後、日清、日露の戦争に勝利。
明治35(1902)年には、世界最強の海軍国である大英帝国と対等な
同盟締結。
有色人種は、欧米列強の前に、植民地支配されるという世界常識の中で、
唯一日本は、世界の一等国の仲間入りを果たしていた。
 
In those days, Japan had won the Sino-Japanese War and Russo-Japanese War,after opening Japan in the Meiji-era.The Anglo-Japanese Alliance was concluded between Japan and the Great Britain, which was the greatest naval power on earth, in Meiji 35 (1902). The Western powers took it for granted that colored countries should be colonialized, whereas only Japan was the colored country that got ranked with the first-rate powers of the world. 
 
そして韓国は、明治42(1909)年10月には、日韓併合に「反対」する
元総理 伊藤博文を暗殺した。
 
In October of Meiji 42 (1909), in the Korea there happened the assassination of Hirobumi ITO, the former Prime Minister, who was against carrying out the annexation of Korea.
 
伊藤博文暗殺の一ヵ月後、韓国国内に当時あった最大与党が、
「韓日合邦を要求する声明書」を提出。
この声明書は、「日本と韓国が対等な立場で合併することで、ひとつの
大帝国を作るべきである」という内容であった。
 
About a mouth later since Hirobumi Ito had been assassinated, the ruling party in the Korea sent the 'Statement to request the consolidation of Korea and Japan' . This statement requires the equal consolidation of Korea and Japan which would take a form of federation to establish one government anew on an equal basis to create a large empire.
 
 
日本と韓国は、国力に雲泥の差があり、日本と対等に合邦するという
ことは、日本と同盟関係にある英国とも「対等な関係」となることであり
文化もない、教育もない、産業もない極貧の有色人種国が、いきなり
欧米諸国と「対等な」合邦を申し出るというこの声明は世界の嘲笑を
かうところとなった。
 
If considering the great difference of the two countries' national power, it was not acceptable at all to Japan in view of the circumstances of those days, because the Korea was to require the equal relationship between the Korea and the Great Britain. This statement calling for the equal consolidation with Western powers was offered by a colored poorest country with no culture, no education, no industries, which caused much mockey from the world.
 
しかしこれがきっかけとなり、欧米諸国から、「日本に韓国の面倒を
みさせるべし」という声がではじめ、米英露伊仏独は、日本に韓国支配を
迫った。
 
On the other hand, this statement triggered the opinion by western countries that "Japan should take care of the Korea," and the United States, the Great Britain, Russsia, Italy, France and Germany were all forced Japan to rule the Korea.
 
本来なら、植民地か、保護国、保護領、従属国にするだけでも足りた
のであるが、日本が「人種差別撤廃」を主張するアジア唯一の独立国家
であったため、これを対等に遇したのである。
 
Under normal circumstances, The rule of the Korea, as the colony,  protectorate, protection territory, dependency would be enough. But Japan was the only independent nation to insist on the elimination of racial discrimination, so Japan treated the Korea as an equal.
 
明治43(1910)年8月29日
日本は「韓国併合に関する条約」に基づいて大韓帝国を併合した。
併合直後の明治44(1911)年の韓国の年間総予算は3,565万円。
韓国内からの税収は1,330万円。足りない分は全額日本が補充した。
 
On August 29, Meiji 43 (1910)
Japan integrated the Korean Peninsula based on the Japan-Korea Annexation Treaty.
Just after the annexation, in Meiji 44 (1911), Japan had  35,650,000 yen annual total budget for the Korea.
Tax income from the Korea was 13,300,000 yen. The short amount was all compensated by Japan.
 
韓国を併合した日本は、韓国内に古くからある不条理な刑罰や牢獄制度
を廃止させ、韓国内に八つあった言語を統一し、半島内に五千二百校に
及ぶ小学校を作り、二百三十九万人を就学させ、道路をつくり、鉄道を
敷設し、上下水道を整備し、路上での大便を禁止し、病院をつくり、
電気を引き、ビルを建て、道路を拡張整備して、韓国の近代化をいっきに
推し進めた。
 
After the annexation of the Korea, Japan abolished the absurd Korean traditional judicial system concerning punishments and im prisonment, standardized language among the 8 ones in that country, built as many as 5200 elementary schools in the Korean peninsula , sent 2390,000 children to school, constructed roads, laid the railway tracks, improved water supply and sanitation systems, prohibited bowels on the street, started hospitals, installed electricity, buit buildings, promoted traffic network, which were all modernized the Korea rapidly.
 
 
そして36年間の日本の統治によって、朝鮮半島は人口が2倍となり、
24歳だった平均寿命は、60歳にまで伸び、家畜として国母
(皇太子の生母)ですら名を名乗ることを許されなかった女性にも、
全員名前が付けられて人間としての扱いをうけることができるようになり、
近代国家としての体裁をひとつひとつ整えていったのである。
 
The population of the Korean peninsula doubled in 36 years while Japan had ruled, and the average life span of the Koreans had lengthened to a great extent, from 24 years of age to 60 years of age.In the Korea, women had been treated as livestock, and even the imperial mother ( kokumo) hadn't been allowed to have her name. But all the women could have their own name and be treated as humans. That's just how Japan organized the Korea as a modern state step by step.
 
志願兵
朝鮮半島で「志願兵制度」が導入されたのは1938年のことであり、
さらに、「徴兵制」が実施されたのは1944年からである。
 
1938年度、志願者2946名中、合格者406名
1939年度、志願者1万2348名中、合格者613名
1940年度、志願者8万4443名中、合格者3060名
1941年度、志願者14万4743名中、合格者3208名
1942年度、志願者25万4273名中、合格者4077名
1943年度、志願者30万3394名中、合格者6300名
 
Volunteers for the army
The volunteer system was first introduced into Korea peninsula in 1938.
And they had the conscription system since 1944.
in 1938  of     2,946 volunteers,  406 men passed for the draft
in 1939  of   12,348 volunteers,  613 men passed for the draft
in 1940  of   84,443 volunteers,  3,060 men passed for the draft
in 1941  of  144,743 volunteers, 3,208 men passed for the draft
in 1942  of  254,273 volunteers, 4,077 men passed for the draft
in 1943  of  303,394 volunteers, 6,300 men passed for the draft
 
 
1940年3月6日付け「大阪朝日・中鮮版」では「氏の創設は自由 強制と
誤解するな 総督から注意を促す」という見出しで記事が書かれている。
 ところが2007年5月1日付朝日新聞(新聞と戦争 植民地朝鮮で)
と題された記事で、「植民地時代、日本は「創氏改名」、として、日本風に
名前をつけるように朝鮮人に強いた」としている。これは朝日新聞の
自己矛盾である。
 
Dated on March 6 in 1940, a headline of the article was made in the newspaper 'Osaka Asahi・Chusen ban", which told that" Creation of a family name is voluntary, not mandatory. Governor urges people to pay attention." But dated on May 1 in 2007 in the 'Asahi Shinbun',in the article titled 'Newspaper and the war in the colony, it told that in the colonial days, Japan compelled Koreans to change their name to Japanese one as creation of a family name. The articles of Asahi shinbun are obviously self-contradictory.
 
創氏改名の受付終了後の朝鮮名の実例
洪思翊(ホンサイク)帝国陸軍中将
朴春琴(パクチュングム)衆議院議員 など他に多数あり
 
Actual examples , Korean names after stopping accepting applications for the Soshi-kaimei (creation of a family name, shi)
洪思翊 Kou Shiyoku (Hong Sa-ik) lieutenant general
朴春琴 Boku Syunkin ( Park chun gum) the member of the House of representatives  and so on.
 
 
 
[韓国、国史教科書の記述] 高等学校国史教科書の記述内容
 
「日本は世界史において比類ないほど徹底的で悪辣な方法で我が民族を
抑圧し、収奪した」
「総督府は生産された米の半分を奪い、日本へ積み出した。農作業を
すべて終えると、警察と憲兵が、銃剣を突き付けて収穫の半分を奪って
いった。」
「日本は労働力を収奪した。1940年代戦時期に約六百五十万名の
朝鮮人を、戦線へ、工場へ、炭鉱へ強制連行し、賃金も与えず、
奴隷のように酷使した。」
「その中には朝鮮の乙女たちがいた。挺身隊という名目で朝鮮の娘たちを
動員し、日本軍の慰安婦としたが、その数は数十万人に達した。」
 
These are the descriptions in the Korean textbook, 'National History' for high schools.
 
"Japan depressed our race and expropriated all by the unmatched vicious and thorough means in the world history. "
"Japanese authority deprived us of half of all rice production, to ship them to Japan. Every time the farm work was finished, the policemen and military policemen, at bayonet point , took half of the harvest. "
"Japan robbed workforce of us. in 1940s, the war years, they sent approx. 6,500,000 Koreans compulsively to the battle line, factories, coal mines, to make them work hard as if slaves, for no pay ."
"There were Korean girls of them. Under the pretext of volunteer corps, Japan mobilized the Korean girls as camp followers for the Japanese Army, and the number of them ran up tp hundreds of thousands."
 
 
 
韓国学長の言葉
「戦わざる者は自ら滅ぶ」
 
Words by a university president  *(2)
'Those who won't fight shall perish.'
 
私は平素学生に対して、
韓国人としての自覚を促している。
日本の韓国併合に抗議する前に、
韓国人自身が考えなければならないことがある。
 
I always raise my students with self-awareness as Koreans.
Before making a protest against the annexation of Korea by Japan, there is something  they have to think themselves.
 
日本の韓国併合に対して
アメリカもイギリスも誰一人反対しなかった。
世界は当然のような顔で受け止めていた。
それは何故か。
 
No countries , the US or the Great Britain, hadn't opposed the Japan's annexation of Korea.
The world took it for granted.
Why was that?
 
清国軍がソウルを占領しても
韓国人は戦わなかった。
だから日本軍が戦って
清国を追い払った。
 
Even when the Qing troops occupied the Seoul,
the Koreans didn't fight against them.
So the Japanese troops attacked the Qing troops,
and drove them away.
 
ロシアが入ってきたときも
我々は戦わなかった。
日本軍が血を流して戦い、
朝鮮からロシアを追い出した。
 
When Russio invaded Korea,
We didn't fight against them, either.
Japanese troops had bled for the battle,
to have Russia retreat from Korea.
 
だから日本はこれ以上トラブルはいやだと、
朝鮮を併合してしまった。
 
That's why Japan annexed Korea to avoid any more troubles.
 
これに対して世界の列強は
日本がそうするのも無理はないとして、
ひと言も文句を言わなかった。
このことを忘れてはならない。
 
The powers in the world never complained to Japan about that,
accepting Japan had a good reason to do so.
We should never forget this.
 
韓国は自ら滅んだのだ。
日本の悪口を言い、
責任を日本に押し付ける前に、
我々は戦わなかったから
滅びたことを知らねばならない。
 
Korea was in her self-destruction.
Before speaking ill of Japan, or shifting the responsiblity onto Japan,
we must be aware of that we perished, because we wouldn't fight.
 
 
 
我が五千年の歴史はひと言で言って
退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった。
特有の産業と文化で独自の自主性
を発揮したことがあっただろうか。
 
Our 5,000 year-history was, in a word, the chain history of unenterprising, coarse and inactivity.
Have we ever manifested our independent power in our own industry and culture ?
 
いつも強大国に押され、
盲目的に外来文化に同化したり、
原始的な産業の枠から
ただの一寸も出られなかった。
 
Been always overwhelmed by powers,
become blindly similar to foreign cultures,
we've never been a bit outside the frame of primary industry.
 
「われわれのもの」はハングルのほかに
はっきりとしたものは何があるか。
われわれはただ座してわらを
編んでいただけではなかったか。
 
Apart from Hangul, what else do we have as definite 'ours' ?
All we did was just to sit idly by, braiding straws ?
 
自らを弱者とみなし、他を強大国視する
卑怯で事大的な思想、
この悪い遺産を拒否し抜本せずには
自主的な発展は期待することは
出来ないであろう。
 
We regard ourselves as the weak, the others as the poweful,
which is coward and obsequious thoughts. If we couldn't rid ourselves completely of infamous legacy,
we couldn't hope our autonomous development.
 
以上のように我が民族史を考察してみると、
情けないというほかない。
全体的に顧るとただ唖然とするだけで
真っ暗になるばかりである。
 
As above, looking at the history of our people, I don't know what else can be said other than shameful.
When I think about our whole history, I feel shocked stiff, only to become profoundly depressed
 
 
朴 正煕 韓国元大統領
by Chung-hee PARK,  former President of South Korea*(3)
 
 
(日本は)歴史を正しく直視し
責任ある姿勢を示さなければならない。
"It is incumbent on Japan to have a correct understanding of history and take on an attitude of responsibility. " *(4)
 
 
過去に目をつぶる人たちは
未来を見ることができない
"It has been said that those who are blind to the past cannot see the future." *(5)
 
加害者と被害者の歴史的立場は
千年たっても変わらない
 "The historical perspective of aggressor and victim cannot be changed, even though a thousand years pass by." *(4)
 
 
*(1) South Korean President Park Geun-hye on May 7 in 2013 told U.S. President Barack Obama, in Washington,  that Japan needs to have a correct perception of history.
*(2) 「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画(日本図書館連盟選定図書)638頁  "The truth of 2.000 years between Japan and Korea" edited by Nagoshi Futaranosuke, at page 638.
*(3) 「朴 正煕選集② 国家・民族・私」朴正煕著 1963年の論文「我々はいま何をいかになすべきか」より Thesis titled 'What and how we sould do now?' in the book 'The nation, the people and I' written by Chung-hee PARK
*(4) South Korean President Park Geun-hye on March 1 in 2013 told  in her speech at the Independence Declaration Day memorial service at the Sejong Center for the Performing Arts, in Seoul. 
*(5) South Korean President Park Address To Joint Meeting Of Congress in May,2013.
      Pls refer to:  
http://www.youtube.com/watch?v=N_bGvybq89E

 
 


# by wakeup4japan | 2014-03-30 15:08